風倉 匠  Sho Kazakura
2005.12.12(月)-12.17(土)

1936年生まれ。1956年武蔵野美術学校油絵科入学。1960年代、吉村益信や篠原有司男らの前衛芸術グループ「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズに参加。1986年パリ・ポンピドゥーセンター「前衛芸術の日本1910−1970」展。1995年バングラディシュ・アジア美術ビエンナーレ参加。1997年水戸芸術館「日本の夏1960−64」展。2002年大分市美術館にて個展。これまでに土方巽、小杉武久、ナムジュン・パイクらとのジョイントパフォーマンスを行う。国際的パフォーマーとして名高い前衛アーティスト。


 ◇風倉さん、58の壁をつくるの巻

バルーンパフォーマンスで使用したバルーンを展示しています。

タイトル「風の馬は 色を奏でる」

作家コメント
「花は植物の生殖器官で、受精には昆虫や花粉等、風によって受精するものや
性転換して受精する花などさまざまですが、いずれにせよ、
生物は生命を受け継ぐ相手を探しているようです。」



「闇を開く」


「光を求める群毛」


「対称的な遊泳法」