池田龍雄・風倉匠 箱オブジェ展 2005.6.6(月)-6.18(土)

池田 龍雄  Tatsuo Ikeda

1928年生まれ。1948年多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)入学。まもなく花田清輝、岡本太郎らのアヴァンギャルド芸術運動に参加。以来、文学や映画など多くのジャンルと交わりながら一貫して美術の前衛として今日まで活動し続ける。国内外での個展・グループ展多数。国立近代美術館・東京都美術館・東京都現代美術館・国立国際美術館・世田谷美術館・練馬区立美術館などパブリックコレクション多数。著書に『芸術アヴァンギャルドの背中』(沖積舎)、『絵画の距離』(創樹社)、『夢・現・記』(現代企画室)、『蜻蛉の夢』(海鳥社)など。
風倉 匠  Sho Kazakura

1936年生まれ。1956年武蔵野美術学校油絵科入学。1960年代、吉村益信や篠原有司男らの前衛芸術グループ「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズに参加。1986年パリ・ポンピドゥーセンター「前衛芸術の日本1910−1970」展。1995年バングラディシュ・アジア美術ビエンナーレ参加。1997年水戸芸術館「日本の夏1960−64」展。2002年大分市美術館にて個展。これまでに土方巽、小杉武久、ナムジュン・パイクらとのジョイントパフォーマンスを行う。国際的パフォーマーとして名高い前衛アーティスト。
Ikeda Tatsuo

Kazakura Sho