小野木 亜美  Ami Onogi

2019.2.4(月)-2.9(土)



2017年の2人展
《cells soda》 1620×970mm
雲竜紙、楮紙、アクリル、カラーインク、メディウム、胡粉ジェッソ


作家コメント:

身体はいくつもの「膜」が集まったもの。
それらは体中をめぐっているけれど、感覚的に捉えることは難しい。
感覚的に捉えることのできない生命の動的な世界を可視化したい。
繊細な膜に覆われた世界が、グラスの水滴を拭って内側が見えたときのように簡単に見られたら…。
そんなことを考え、作品を描いている。



プロフィール:
1992年 福島県生まれ
2015年 東北芸術工科大学 芸術学部美術科 洋画コース卒業
2017年 
東北芸術工科大学 芸術工学研究科芸術文化専攻洋画領域 修了

現 在  東北芸工科大学 芸術工学研究科博士後期過程 芸術工学専攻 在籍

<個展>
2016年
 Babble‐小野木亜美展‐」 GALLERY b.TOKYO(東京) 

<グループ展>
2014年 「天童アートロードプロジェクト てんてん展」天童市美術館(山形)以後毎年
2015年 「東北芸術工科大学青山研究室公開制作展示」西会津国際芸術村(福島)
2016年 
Flora in tha Gallery ギャラリイK(東京)
2017年 「風はなにいろですか」 ギャラリイK(東京
2017年 「ことの葉と空と」 ギャラリイK(東京
2017年 「
6SSF -Six Senses Festa-」 SPACE K(東京)
2017年 「うごめく東北の鼓動 小野木亜美|高山晴香展」 ギャラリー58(東京)

2018年 「Square展」 ギャラリー58(東京)
2018年 「風はなにいろですか」 ギャラリイK(東京)
2018年 「東北芸術工科大学/TOHOKU CALLING/スモールワークス」オリエアートギャラリー(東京)
2018年 「東北芸術工科大学/大学院レビュー/TOHOKU CALLING」アーツ千代田3331(東京)

<その他>
2015年 「東北芸術工科大学洋画コース卒業作品展」一般美術賞受賞
2016年 「公益財団法人佐藤国際文化育英財団 第25回奨学生美術展」佐藤美術館(東京)