柏倉 風馬  Fuma Kashiwagura  2017.10.16(mon)-10.21(sat)

展覧会タイトル「語り得ぬ身体」


2016年の二人展




《棒になった人々》  パネル、アクリル、銀箔、和紙、鉛筆 1300×4830mm


作家コメント: 
語り得ぬ身体をテーマに制作している。
語り得ぬとは、私にとって物語と役割の排除といえるだろう。
身体という概念からそれらを排除することで立ち現れるものについて考えていきたい。



プロフィール:

1992年 山形県生まれ
2015年 東北芸術工科大学洋画コース卒業
2017年 東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻洋画領域修了

<グループ展>
2015年 「東北芸術工科大学3人展 perche」 銀座スルガ台画廊(東京)
2016年 「SQUARE The Double No.10」 フリュウ・ギャラリー(東京)
2016年 「三菱アートゲート オークション出品作品展示」表参道GYRE EYE OF GYRE(東京)
2016年 「既視感の行方」フリュウ・ギャラリー(東京)
2016年 「さすらいの鉛筆・ペン画展」 吉田町画廊(神奈川)/ゆう画廊(東京)
2016年 「うごめく東北の鼓動 石川湖弓 柏倉風馬展」 ギャラリー58(東京)
2017年 美術新人賞「デビュー」2017入選作品展 フジヰ画廊(東京)
2017年 「ときめきフューチャー」もみの木画廊(東京)

<その他>
2015年 東北芸術工科大学卒業修了展示 優秀賞
2016年 月刊美術 美術新人賞「デビュー」2017 グランプリ
2017年 第35回上野の森美術館大賞受賞/第7回星野眞吾賞入選