風倉匠・田中信太郎・吉野辰海 ドローイング展

<消える絵画・ヘリオトロープ・スクリュー>

2007年6月4日(月)-6月23日(土)


1960年に結成され美術界に旋風を巻き起こした前衛美術グループ
「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の3人によるドローイング展を開催いたします。


パノラマ展示風景


風倉 匠  <消える絵画>

Sho Kazakura

1936年大分県生まれ。1958年武蔵野美術学校油絵科中退
。絵画やオブジェでも優れた作品を手がけるほか、身体を用いた数々のハプニング(パフォーマンス)を展開し「伝説のハプナー」と呼ばれ、国際的なパフォーマーとして高い評価を得ている。


 2006年個展  2005年2人展  2005年個展

田中 信太郎  <ヘリオトロープ>
Shintaro Tanaka

1940年東京都生まれ。1958年フォルム洋画研究所に学ぶ。1965年の初個展を境にミニマルな作品へと大きな変革を遂げる。1969年第6回 パリ青年ビエンナーレ(パリ市立近代美術館)。1972年、第36回ヴェネツィアビエンナーレ。2001年「田中信太郎|饒舌と沈黙のカノン」(国立国際美術館)。





吉野 辰海  <スクリュー>

Tatsumi Yoshino

1940年宮城県生まれ。1961年武蔵野美術学校油絵科中退。1970年代末より、犬をモチーフとした立体作品を主軸に展開。その根底には万物の永久運動を暗示する螺旋運動が内在している。2007年「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館)
写真:石松健男



風倉匠
「消える絵画-1」  
感光紙・光・酢酸液・アクリル 610×440mm





田中信太郎
「Heliotrope-1」 
紙・銅版・ステンレス 800×580mm





吉野辰海
「水女-1」 
紙・鉛筆・水彩 538×395mm






展示風景














■風倉・田中・吉野の3人が揃って参加した展覧会
1961・62・63年 「読売アンデパンダン展」 東京都美術館(東京)
1960年 「第2回ネオ・ダダ展」 新宿・吉村アトリエ(東京)
      「第3回ネオ・ダダ展」 日比谷画廊(東京)
1979年 「塩商人の語本指」展 府内画廊(大分)
1993年 「ネオ・ダダの写真」 福岡市美術館(福岡)
1995年 「95ネオ・ダダ<-断面>展」 コンパルホール(大分)
1996年 「ネオ・ダダの11人+1人+1人展」 佐野画廊(香川)
1998年 「ネオ・ダダJAPAN1958-1998-磯崎新とホワイトハウスの面々-展」アートプラザ(大分)


■風倉匠 

1959年 「読売アンデパンダン展」 東京都美術館(東京)
1960年 「第1回ネオ・ダダ展」 銀座画廊(東京)
1971年 「第10回現代日本美術展」 東京都美術館(東京)
1973年 「コマバ・アンソロジー」 邦千谷舞踏研究所(東京)
1980年 個展 「絵画の起点を探す検討作業」 大分県立芸術会館(大分)
1986年 「前衛芸術の日本1910−1970」 ポンピドゥーセンター(パリ)
1988年 「九州派展」 福岡市美術館(福岡)
1992年 「巨大都市の原生 東京-大阪行為芸術1992年ヨーロッパ・ツアー」(ドイツ・オランダ・ベルギー・フランス)
1993年 「第1回長野国際パフォーマンス・フェスティバル」 長野県県民文化会館(長野)
1995年 「第7回バングラディシュ・アジア美術ビエンナーレ」(ダッカ)
2002年 個展「さわれる原風景を探す」 大分市美術館(大分)
ギャラリーとわーる(福岡)での個展 1994・95・96・98・00・01・02・03・04・05・06年
ギャラリー58での個展 2004・05・06年
他個展・グループ展多数

「表裏の素描(2)」
アクリル・アクリル板・鏡・板
130×970cm 1970年
「カバラの蝶番」
鉛・木・樹脂・板
180×120cm 1975年



■田中信太郎

1959・60年 「読売アンデパンダン展」 東京都美術館(東京)
1965年 個展「トランプシリーズ」 椿近代画廊(東京)
1968年 「第8回現代日本美術展」優秀賞受賞 東京都美術館(東京)
1969年 「第6回パリ青年ビエンナーレ」 パリ市美術館(パリ)
1971年 「第11回サンパウロ・ビエンナーレ展」(ブラジル)
1972年 「第36回ヴェネチア・ビエンナーレ」(イタリア)
1974年 「近代日本美術展 日本-伝統と現代」 デュッセルドルフ市立美術館(ドイツ)
1981年 「1960年代-現代美術の転換期」展 東京国立近代美術館・京都国立近代美術館
1986年 「前衛芸術の日本1910−1970」 ポンピドゥーセンター(パリ)
1988年 「オリンピアド・オブ・アート」 オリンピック彫刻公園(ソウル)
1990年 「ミニマル・アート」展 国立国際美術館(大阪)
1992年 「三木富雄・田中信太郎・大竹伸朗3人展」 ギャルリエ・ルイ・カレ(パリ) 
1997年 「日本の夏1960-64」 水戸芸術館(茨城)
2000年 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2000」(新潟)
2001年 「田中信太郎-饒舌と沈黙のカノン」 国立国際美術館(大阪)/ 「第10回インドトリエンナーレ」(インド)
2007年 国立新美術館開館記念「20世紀美術探検」 国立新美術館(東京)
他個展・グループ展多数

「波のDelta」 
アクリルペイント・繊維強化プラスチック

252×325.5×16cm 1992-93年 撮影:安斎重男
「ラグーナ、あるいは幻日T・U」
アクリルペイント・キャンバス・真鍮
180×180×6cm
 1999年



■吉野辰海 

1968年 個展「Interior」 村松画廊(東京)
1969年 「第9回現代日本美術展」 東京都美術館(東京)
1971年 「第10回現代日本美術展」 東京都美術館(東京)
1974年 「コスモス展」 サンパウロ美術館(ブラジル)
1981年 ART POP Japan-Tokyo Today(ロンドンICA)
1986・87・88・89年 個展「Screw-らせん」 春秋画廊(東京)
1991年 「芸術と日常 反芸術/汎芸術」展 国立国際美術館(大阪)
1991・93・95・97・99・02・05年 個展 東邦画廊(東京)
1993年 「再制作と引用」 板橋区立美術館(東京)
1999年 個展「吉野辰海展」 中京大学アートギャラリーC・スクエア(名古屋)
2002年 熊本市現代美術館開館記念展「アティテュード2002」熊本市現代美術館(熊本)
2005年 「第21回現代日本彫刻展」宇部市常盤公園(山口)
2006年 「縄文と現代〜二つの時代をつなぐ『かたち』と『こころ』青森県立美術館(青森)
他個展・グループ展多数

「水犬」
FRP, OIL PAINT, WAX
H1130mm  1991年
「歩行双頭犬」
FRP, WAX

H1270mm 1987年